July 30, 2019 / 1:04 AM / 19 days ago

原油先物は続伸、米利下げ観測が支援

[東京 30日 ロイター] - アジア時間の原油先物は続伸。米連邦準備理事会(FRB)が30─31日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定するとの見方が相場を支援している。

0013GMT(日本時間午前9時13分)時点で、北海ブレント先物は0.30ドル(0.5%)高の1バレル=64.01ドル。

米WTI原油先物は0.34ドル(0.6%)高の57.21ドル。

ANZリサーチはリポートで、原油先物は米利下げ観測の高まりを背景に買われているほか、米中通商協議を巡る楽観的な見方や中東情勢も相場を下支えしていると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below