August 20, 2019 / 2:30 AM / 3 months ago

原油価格は下落、貿易摩擦緩和への期待で下げ幅は限定的

[シンガポール 20日 ロイター] - アジア時間の原油価格は下落。ただ、株式市場の上昇や米中貿易摩擦緩和への期待を背景に下げ幅は限定的にとどまっている。

米国は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する一部の米製品の禁輸措置執行猶予を11月18日まで90日間延長すると明らかにした。

0147GMT(日本時間午前10時47分)時点で、北海ブレント先物は0.03ドル(0.05%)安の1バレル=59.71ドル。19日は1.88%高だった。

米WTI原油先物は0.15ドル(0.3%)安の56.06ドル。前日は2.44%上昇していた。

VMマーケッツのマネジングパートナー、スティーブン・イネス氏は、禁輸措置の猶予延長は来月の米中通商協議を控え、「励みになるような雰囲気」を作ったと指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below