November 27, 2019 / 2:34 AM / 18 days ago

原油先物、米在庫増受け小幅安 米中合意期待で下値は限定的

[シンガポール 27日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。民間統計で原油在庫が予想外に増加したことが重しとなっている。ただ、米中通商協議を巡る期待感から、下げは限定的となっている。

0145GMT(日本時間午前10時45分)現在、北海ブレント先物は0.19ドル(0.3%)安の1バレル=64.08ドル。

米WTI原油先物は0.17ドル(0.29%)安の58.24ドル。

米石油協会(API)が公表した統計によると、22日までの1週間の国内原油在庫は前週比360万バレル増加。アナリストは41万8000バレルの減少を予想していた。

アクシトレーダーの市場ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は「予想外の原油在庫増加が強気筋の失望を誘った」とした上で「原油価格は引き続き、米中通商協議を巡るニュースが主に方向感を左右している」と述べた。

トランプ米大統領は26日、米中通商協議について、「第1段階」の合意が近いとの見方を示した。これに先立ち中国商務省は、両国が閣僚級の電話協議を行い、残る課題を引き続き協議することで一致したと明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below