December 24, 2019 / 2:16 AM / a month ago

原油先物しっかり、露エネルギー相はOPECとの協調維持を表明

[東京 24日 ロイター] - 原油先物価格は24日、底堅く推移している。ロシアのエネルギー相が、原油相場下支えのための石油輸出国機構(OPEC)との協調を維持する考えを示したことが材料視されている。

米原油在庫が2週連続の減少になるとの見方も相場を下支えしている。

0105GMT(日本時間午前10時5分)時点で、ブレント先物は0.07ドル高の1バレル=66.46ドル。

米WTIは0.04ドル高の60.56ドル。

ロシアのノバク・エネルギー相は23日放送のテレビインタビューで、OPECとの協力について、有効で成果が出る限り、市場が必要としている間は維持されるとの見方を示した。

ロイター調査によると、先週の米原油在庫は2週連続の減少となり、約180万バレル減を記録すると見込まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below