January 14, 2020 / 2:16 AM / 7 days ago

原油先物は小幅に下落、中東情勢巡る懸念後退で

[シンガポール 14日 ロイター] - アジア時間14日午前の原油先物価格は、中東情勢を巡る懸念後退を背景に、小幅に下落している。米国、イランともに、事態のエスカレートを回避したい姿勢を示している。

しかし、米原油在庫の減少見込みや、米中の「第1段階」通商合意の署名を控える中、原油価格の下落は限定的となっている。

0124GMT(日本時間午前10時24分)時点で、北海ブレント先物は0.08ドル(0.1%)安の1バレル=64.12ドル。米WTI先物は0.04ドル(0.1%)安の58.04ドルで推移している。

ロイター調査によると、米原油在庫は10日までの週、およそ80万バレル減少したと見込まれている(アナリスト4人の予想の平均)。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below