March 3, 2020 / 2:34 AM / in a month

原油は大幅続伸、中銀による刺激策とOPEC減産への期待で

[ソウル 3日 ロイター] - アジア時間の原油先物は続伸。新型コロナウイルスの感染拡大の影響に対応するため主要中央銀行が景気刺激策を打ち出すとの期待や、石油輸出国機構(OPEC)が今週に減産規模を拡大するとの観測が背景にある。

0148GMT(日本時間午前10時48分)時点で、北海ブレント先物は1.48ドル(2.5%)高の1バレル=53.18ドル。米WTI原油先物は1.33ドル(2.8%)高の48.07ドル。

先週末28日からはWTIは7.9%上昇、ブレントは7.5%上昇。両指標ともに2営業日での上昇率は、2019年9月にサウジアラビアの石油施設がミサイル攻撃を受けた後以来の大きさとなった。

OPEC加盟国と非加盟の主要産油国からなる「OPECプラス」は5─6日にウィーンで開く会合で、減産規模拡大を発表するとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below