March 13, 2020 / 2:36 AM / 22 days ago

原油先物は3日続落、週間で1991年以来の大幅安に

[東京 13日 ロイター] - アジア時間の原油先物は3日続落。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急減するとの見方が背景。

北海ブレント原油先物は週間ベースで1991年以来の大幅な下げを記録する見通し。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物も週間ベースで2008年以来の大幅な下げを記録するとみられている。

0126GMT(日本時間午前10時26分)現在、北海ブレントは0.67ドル(2%)安の1バレル=32.55ドル。前日は7%以上急落した。週間ベースでは28%安と、湾岸戦争が始まった1991年1月18日の週(29%)以来の下げを記録する見通し。

WTIは0.66ドル(2.1%)安の1バレル=30.84ドル。前日は4.5%値下がりした。週間ベースでは25%安と、世界的な金融危機のさなかの2008年12月19日の週(27%)以来の大幅な下落となる見通し。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の協調減産を巡る協議決裂を受け、サウジアラビアに続きアラブ首長国連邦(UAE)も11日、産油量を4月から増加させると表明。これも原油安を促す要因となっている。

コンサルティング会社のユーラシア・グループは「コロナウイルスで数年ぶりに世界の石油需要が減少する中、サウジとロシアの石油生産が急増しており、日量400万バレルの供給過剰となる可能性がある」との見方を示した。

日量400万バレルは、コロナウイルスの感染が拡大する前の世界の1日当たりの消費量の約4%に相当する。

日米株価の急落も原油価格を圧迫する要因となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below