March 24, 2020 / 1:13 AM / 5 days ago

原油先物は上昇、価格安定に向けた米・サウジの連携に期待

[メルボルン 24日 ロイター] - アジア時間の原油先物は薄商いのなか上昇。トランプ米政権が原油価格の安定に向けてサウジアラビアとの連携に乗り出していることを好感した。

2353GMT(日本時間午前8時53分)現在、米WTI原油先物は0.67ドル(2.9%)高の1バレル=24.03ドル。

北海ブレント先物5月限は0.52ドル(1.9%)高の27.55ドル。

米エネルギー省当局者は23日、サウジとロシアの価格競争で打撃を受けているエネルギー市場の安定に向け、トランプ政権がブルイエット・エネルギー長官の上級顧問ビクトリア・コーツ氏をエネルギー担当特別代表に任命し、サウジに派遣すると明らかにした。

新型コロナウイルスによる需要への影響や、サウジとロシアのシェア獲得競争を背景に、原油価格は年初来60%超下落しており、市場は下値を試す展開となっている。

CMCマーケッツ・アンド・ストックブローキングの首席市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「市場はサウジやロシアの増産、需要の大幅な落ち込みとも織り込み済みだ。価格のさらなる急落を引き起こす材料は見いだしにくい」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below