June 17, 2020 / 1:35 AM / 19 days ago

原油先物は反落、米原油在庫増とコロナ第2波懸念で

[ソウル 17日 ロイター] - アジア時間の原油先物は反落。米原油在庫の増加と新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念が重し。

0047GMT(日本時間午前9時47分)時点で、北海ブレント先物は0.40ドル(1.0%)安の1バレル=40.56ドル。米WTI原油先物は0.59ドル(1.5%)安の37.79ドル。

前日は、5月の米小売売上高の記録的な伸びと国際エネルギー機関(IEA)による2020年の需要見通し引き上げを受けて、ブレントとWTIともに3%超上昇していた。

だが、前日の清算値確定後に発表された週間在庫統計で米国の原油・燃料在庫の増加が示されると、供給過剰への懸念が強まり、原油価格の下押し圧力となった。

米石油協会(API)の週間在庫統計によると、12日までの1週間の国内原油在庫は390万バレル増で、アナリストの減少予想に反して増加。ガソリン在庫も430万バレル増、ディスティレート(留出油)在庫も約92万バレル増加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below