for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物1%安、一時は3月6日以来の高値更新

米国時間の原油先物は、一時は新型コロナウイルス感染拡大で原油価格が急落する前の3月6日以来の高値を付けたものの、米原油在庫の増加が統計で示されるとの観測から下落した。テキサス州ミッドランドで昨年2月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、一時は新型コロナウイルス感染拡大で原油価格が急落する前の3月6日以来の高値を付けたものの、米原油在庫の増加が統計で示されるとの観測から下落した。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.45ドル(1.0%)安の1バレル=42.63ドル、米WTI原油先物CLc2が0.36ドル(0.9%)安の40.37ドル。

アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルドフ氏は「3月6日以来の高値を付けた後はテクニカルな抵抗が見られ、利食い売りが発生した」と述べた。

米国の原油在庫は6月12日までの週に5億3930万バレルと、過去最高を記録。ロイター調査では19日までの週は30万バレル増加したとの予想が示されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up