June 26, 2020 / 1:32 AM / 12 days ago

原油先物は上昇、コロナの感染再拡大で上値重い

[メルボルン 26日 ロイター] - 原油先物価格は26日、需要回復期待を背景に上昇している。ただ、米国の一部の州で新型コロナウイルスの感染が再び広がっており、上値を抑えている。

0009GMT(日本時間午前9時9分)時点で米WTI先物は0.15ドル(0.4%)高の1バレル=38.87ドル。

北海ブレント先物は、0.22ドル(0.5%)高の41.27ドル。

衛星データによると、中国や欧米で人や物の移動が再び活発になっており、燃料需要の回復が期待できるとアナリストは指摘している。

一方、オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)のリサーチ部門はリポートで「(新型コロナの)新たな感染の広がりが回復に水を差す可能性がある」としている。

また、米国の原油生産の増加見通しが上値を抑えている。米ダラス地区連銀が南部の石油・ガス生産会社を対象に実施した調査によると、3分の1以上の企業が月末までの生産の一部再開を予定しており、さらに20%は7月の再開を計画している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below