for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物約2%高、在庫減受け約1年ぶり高値

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は、在庫が昨年3月以来の水準に減少したことを受け、約2%上昇した。

清算値は、米WTI先物が0.93ドル(1.7%)高の1バレル=55.69ドルと、昨年1月22日以来の高水準。一時は56.33ドルまで上昇した。

北海ブレント先物の清算値は1.00ドル(1.7%)高の58.46ドルで、昨年2月21日以来の高値。

リポウ・オイル・アソシエーツ(ヒューストン)のアンドリュー・リポウ氏は「石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する『OPECプラス』が減産を継続する中、新型コロナウイルスワクチン接種の進展のほか、堅調な需要見通しなどで原油市場の先行きは明るい」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up