for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は1%超下落、OPECプラスの減産縮小合意で

 原油先物価格は7月19日、1%超下落している。石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が協調減産の縮小で合意したことが背景。写真は米テキサス州パーミアン盆地にある原油貯蔵タンク。2019年11月撮影(2021年 ロイター/Angus Mordant/File Photo)

[東京 19日 ロイター] - 原油先物価格は19日、1%超下落している。石油輸出国機構(OPEC)にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」が協調減産の縮小で合意したことが背景。

0037GMT(日本時間午前9時37分)時点で、ブレント先物は1ドル(1.4%)安の1バレル=72.59ドル。米原油先物は0.94ドル(1.3%)安の70.87ドル。

OPECプラスは18日の閣僚級会合で、協調減産を8月から12月まで毎月日量40万バレルずつ縮小することで合意した。当初2022年4月までとしていた協調減産合意を22年末まで延長することでも合意した。

世界経済が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から回復する中で原油価格は上昇しており、今月には一時2年半ぶり高値を付けた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up