for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米原油先物が3%下落、FOMC大幅利上げで需要減退懸念

[ヒューストン 15日 ロイター] - 米国時間の米原油先物は3ドル超下落した。連邦公開市場委員会(FOMC)による75ベーシスポイント(bp)の利上げ決定を受け、需要落ち込みに懸念が高まった。

清算値は北海ブレント先物8月限が2.7ドル(2.2%)安の1バレル=118.51ドル。一時は117.75ドルまで下落した。

米WTI先物7月限は3.62ドル(3.04%)安の115.31ドル。この日の安値は114.60ドルだった。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計によると、原油と留出油の在庫が増加した。

また、中国の新型コロナウイルスの感染拡大で新たなロックダウン(都市封鎖)の懸念も高まった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up