for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物3%超下落、米スト回避などで1週間ぶり安値

米国時間の原油先物は3%を超えて下落し、約1週間ぶり安値を付けた。2019年、アルゼンチンで撮影(2022年 ロイター/Agustin Marcarian/File Photo)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国時間の原油先物は3%を超えて下落し、約1週間ぶり安値を付けた。米国で鉄道ストライキの回避に向け暫定合意が得られたことのほか、世界的な原油需要の減退が予想されていることなどが背景。

清算値は、北海ブレント先物が3.26ドル(3.5%)安の1バレル=90.84ドル、米WTI先物が3.38ドル(3.8%)安の85.10ドル。共に9月8日以来の安値となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up