for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油価格は下落、米大幅利上げ懸念で

FILE PHOTO: A pump jack operates in front of a drilling rig at sunset in an oil field in Midland, Texas U.S. August 22, 2018. REUTERS/Nick Oxford/File Photo

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米国時間の原油先物は下落した。ドル高継続や連邦準備理事会(FRB)による追加利上げ懸念を背景とするリスク資産の値下がりに追随した。

UBSのコモディティーアナリスト、ジョバンニ・スタウノボ氏は「原油市場は下落懸念と上昇期待の狭間にある。懸念はリセッション(景気後退)の可能性が高まり、石油需要見通しの重しとなり得る欧米の積極的な金融引き締めだ」と述べた。

清算値は、北海ブレント先物が1.38ドル(1.5%)安の1バレル=90.62ドル。米WTI先物10月限は1.28ドル安の84.45ドル。中心限月の11月限は1.42ドル安の83.94ドルだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up