for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-原油先物1%高、OPECプラス減産継続との見方で

22日の取引で原油先物価格が約1%上昇。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が減産を維持し、必要に応じ一段の措置を講じる可能性があるというサウジアラビア・エネルギー相の前日の発言が引き続き材料視された。2019年1月撮影(2022年 ロイター/Agustin Marcarian)

(誤字を修正して再送します)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日の取引で原油先物価格が約1%上昇。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が減産を維持し、必要に応じ一段の措置を講じる可能性があるというサウジアラビア・エネルギー相の前日の発言が引き続き材料視された。

ただ、欧州連合(EU)が12月5日から導入する計画のロシア産石油価格の上限設定について、45日間の移行期間を設ける計画を提案したというブルームバーグの報道を受け、相場は上げ幅を縮小した。

清算値は、北海ブレント先物が0.91ドル(1%)高の88.36ドル。米WTI先物も0.91ドル(1.1%)高の80.95ドル。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up