June 8, 2020 / 1:16 AM / a month ago

OPECプラスの協調減産延長、メキシコは参加せず

[メキシコ市 6日 ロイター] - メキシコのナレ・エネルギー相は6日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が合意した協調減産の7月末までの延長について、メキシコは参加しない方針を示した。

OPECプラスは今年4月に5─6月の減産量を日量970万バレルにすることで合意した。メキシコには当初、日量40万バレルの減産が求められていたが、最終的には5─6月に日量10万バレルの減産を行うことで合意に至った。

OPECプラスは7─12月については、減産規模を日量770万バレルに縮小することを決めていたが、6日に会合を開き、現行水準での協調減産を7月末まで延長することで合意した。

国内の原油生産底上げを目指すメキシコのロペスオブラドール大統領は、4月に合意した減産に加えてさらに減産を行う状況にはないと5日に述べていた。

ナレ・エネルギー相は6日、記者団に対して「4月の合意を堅持する」と述べ、OPECプラスによる協調減産の延長には参加しない意向を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below