April 29, 2020 / 11:25 PM / a month ago

ノルウェー、6─12月に原油減産へ=石油・エネルギー省

 ノルウェー石油・エネルギー省は4月29日、今年6月から12月まで原油生産量を削減すると発表した。原油価格を下支えするためノルウェーが他の主要産油国とともに減産を行うのは18年ぶり。写真は同国のヨハン・スベルドルップ油田、2019年12月3日撮影(2020年 ロイター/Ints Kalnins)

[オスロ 29日 ロイター] - ノルウェー石油・エネルギー省は29日、今年6月から12月まで原油生産量を削減すると発表した。原油価格を下支えするためノルウェーが他の主要産油国とともに減産を行うのは18年ぶり。

ブルー石油・エネルギー相によると、減産幅は6月が日量25万バレル、7─12月が同13万4000バレルとなる。これに加え、複数の油田では生産開始を2021年に先送りする。

この結果、12月の産油量は石油各社の当初計画を日量30万バレル下回る。減産は今年末までの措置となる。

減産幅は日量185万9000バレルを基準としたもので、6月の生産上限は日量160万9000バレル、7─12月の上限は172万5000バレルとなる。

石油輸出国機構(OPEC)にロシアなどの非加盟産油国を加えた「OPECプラス」は今月、5月と6月に世界の原油供給の約10%に当たる日量970万バレルの減産を行うことで合意。これに加え、米国やカナダ、ブラジル、ノルウェーなど他の産油国に日量500万バレルの減産を求めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below