for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物3%高、OPECプラスの小幅減産合意受け

原油先物は約3%上昇した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が日量10万バレルの小幅減産で合意したことを受けた。2014年7月撮影(2022年 ロイター/Todd Korol/File Photo)

[ヒューストン 5日 ロイター] - 原油先物は約3%上昇した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が日量10万バレルの小幅減産で合意したことを受けた。

清算値は、北海ブレント先物の11月限が2.72ドル(2.92%)高の1バレル=95.74ドル。一時4ドル近く上昇する場面があったが、バイデン米大統領がエネルギー供給を強化し価格を引き下げるために必要なあらゆる手段を講じることを確約したとのホワイトハウスの発表を受け、上げ幅を縮小した。

米WTI先物2ドル(2.3%)高の88.85ドル。前日には0.3%上昇していた。米国がレーバーデーの祝日だったため商いは乏しかった。

OPECプラスは5日に開催した閣僚級会合で、10月に日量10万バレルの減産を実施することで合意した。また、生産を調整するために次回10月5日の会合までにいつでも会合を開催することができることでも合意した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up