November 22, 2018 / 10:25 PM / 23 days ago

原油先物下落、供給過剰懸念受け OPEC減産観測で下げ渋る

[ロンドン 22日 ロイター] - 22日の原油先物相場は、米在庫増で世界的な供給過剰懸念が強まり下落した。ただ、石油輸出国機構(OPEC)の減産観測を背景に下げ幅は限られた。

清算値は北海ブレント先物LCOc1が1バレル=62.60ドル。前日終値は63.48ドルだった。欧州取引時間の序盤には1ドル強値下がりする場面があった。

米WTI原油先物CLc1も一時1ドル超下落。清算値は0.78ドル安の53.85ドルだった。

米国は感謝祭の祝日で薄商いだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below