April 29, 2020 / 11:30 PM / a month ago

OPECプラス、需要回復後は市場シェアに焦点を=ロシア・エネ相

 ロシアのノバク・エネルギー相は4月29日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、原油需要が回復し始めた時点で、市場でのシェア獲得に焦点を移すべきだとの考えを示した。2019年10月3日、モスクワで撮影(2020年 ロイター/Evgenia Novozhenina)

[モスクワ 29日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は29日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は、原油需要が回復し始めた時点で、市場でのシェア獲得に焦点を移すべきだとの考えを示した。

OPECプラスは、新型コロナウイルス危機による需要低迷で大幅に値下がりしている原油価格を下支えするため、5月1日から、日量970万バレルの協調減産を行うことで合意している。減産規模は世界の供給全体の1割に相当する。

ただ、ロシアなど一部の産油国の間には、こうしたOPECプラスの取り組みは、米国のシェールオイルの生産を後押しし、原油市場でのシェア拡大を助長しているとの不満がある。

ノバルク氏はインタファクス通信とのインタビューで、OPECプラスは需要が戻った時点で戦略を転換し、減産がどの程度効果があったかを見極めるため、市場シェアの検証に焦点を当てるべきだとの考えを示した。

さらに、ロシアは2月の産油水準の約19%(日量約200万バレル)に相当する減産を行うと表明。外資企業も含めて全ての企業が減産を行うと説明した。

ロシアは協調減産の目標を達成できるとし、今年の産油規模は最大15%減少し、4億8000万─5億トン(日量960万─1000万バレル)になるとの見通しを示した。産油量の前年比割れは2008年以降で初めてとなる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below