for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウジ、原油の自主減産を6月に終了 「目的達成」

サウジアラビアは8日、7月の産油量について、自主的な減産をやめ、石油輸出国機構(OPEC)の割当枠に合致するペースで生産を開始すると明らかにした。アブカイクで昨年10月撮影(2020年 ロイター/Maxim Shemetov)

[ドバイ/ロンドン/モスクワ 8日 ロイター] - サウジアラビアは8日、7月の産油量について、自主的な減産をやめ、石油輸出国機構(OPEC)の割当枠に合致するペースで生産を開始すると明らかにした。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は6日、現行水準での協調減産を7月末まで延長することで合意。OPECプラスは4月に、5─6月の減産量を日量970万バレル、7─12月は同770万バレルにすることで合意していた。

こうした協調減産とは別にサウジ、クウェート、アラブ首長国連邦(UAE)は6月は自主的に合計で日量118万バレルの減産を実施。このうちサウジ実施分は日量100万バレルとなっている。

サウジのアブドルアジズ・エネルギー相はテレビ会議形式で実施されたOPECの記者会見で「自主的な減産の目標は達成された」とし、7月は継続しない方針を表明した。

サウジの国営石油会社サウジアラムコは7日、全ての地域を対象に7月の販売価格を引き上げると発表。アブドルアジズ氏・エネルギー相はこれについて、世界的な原油需要の回復を示している可能性があるとの見方を示した。

このほか、同エネルギー相はイラクについて、5─6月に減産合意を完全に順守しなかったため、7─9月の産油量をOPECの減産割当を超えて引き下げると確約したことを明らかにした。ただ、イラクがこの確約を順守しなかった場合の措置などについては明確に示さなかった。

ロシアのノバク・エネルギー相は、OPECプラスの協調減産で日量900万バレル程度の供給が削減されたと指摘。ただ8月時点の状況を現時点で見極めるのは時期尚早とし、協調減産が再延長されるかどうかは需要の回復次第との見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up