January 7, 2019 / 9:19 PM / 11 days ago

原油先物は小幅上昇、減産や株価安定が支援

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 7日の原油先物は小幅に上昇。石油輸出国機構(OPEC)による減産や株式市場の安定化などが支えとなり、12月につけた1年半ぶりの安値から戻り歩調が続いている。

清算値は、北海ブレント先物LCOc1が0.27ドル(0.47%)高の1バレル=57.33ドル。米WTI原油先物CLc1は0.56ドル(1.17%)高の1バレル=48.52ドル。

原油先物価格は昨年末から7%を超す上昇となっている。

ペトロマトリックスのストラテジストは「ひどく落ち込んだ価格水準から市場に勢いが戻っている」と述べた。

サウジアラビアが1月末までに日量約710万バレルまで原油輸出を減らす計画を立てているとのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の報道も支援材料となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below