for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物、利食い売りで下落に転じる 供給過剰懸念も根強く 

 1月25日、原油相場は、前週末の地合いを引き継いで上昇して始まったものの、下落に転じている。写真はソウルで2011年6月撮影(2016年 ロイター/Truth Leem)

[ソウル 25日 ロイター] - 25日の原油相場は、前週末の地合いを引き継いで上昇して始まったものの、下落に転じている。供給過剰への懸念や利食い売りを受けて、値を消した。

0816GMT(日本時間午後5時16分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.67ドル安の1バレル=31.51ドル。米原油先物(WTI=ウェスト・テキサス・インターミディエイト)CLc1は0.58ドル安の31.61ドルで推移している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up