September 20, 2018 / 10:56 PM / 3 months ago

原油先物が下落、トランプ氏のOPEC批判で

[20日 ロイター] - 20日の原油先物相場は下落。トランプ米大統領が石油輸出国機構(OPEC)に対し、原油価格を引き下げるよう再び要求したことが材料となった。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「米国は中東諸国を守っており、われわれなしに同地域は長い間、安全ではいられない。それにもかかわらず、原油価格をますます引き上げている!われわれはこうした状況を忘れることはない。独占OPECは原油価格をすぐに引き下げるべきだ!」と述べた。

OPEC加盟・非加盟国がアルジェリアで今週末開催する会合で増産合意に至る公算は小さいとみられている。

清算値は、北海ブレント原油先物LCOc1が0.88%(0.70ドル)安の78.70ドル。米国原油の指標であるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物CLc1は0.45%(0.32ドル)安の70.80ドルだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below