August 2, 2019 / 8:42 PM / 17 days ago

訂正:原油先物3%高、前日の大幅安の反動で 週間では下落

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約3%高。前日にはトランプ米大統領が3000億ドル相当の中国製品に対する10%の制裁関税を9月1日付で発動させると発表したことを受け、数年ぶりの下落率となっていた。

北海ブレント先物LCOc110月限の清算値は1.39ドル(2.30%)高の1バレル=61.89ドル。前日の下落率は7%超と1日の下落率として約3年ぶりの大きさを記録した。

米WTI原油先物CLc19月限は1.71ドル(3.17%)高の55.66ドル。前日は8%安と4年超ぶりの大きさだった。

週間では北海ブレントが約2.5%(訂正)、WTI先物が約1%(訂正)下落した。

ロボリサーチ・コモディティーズのストラテジストは「市場は依然として石油市場への関税の影響を消化中だが、中国は年初来で米国産原油をほとんど取得していないため、市場のファンダメンタルズに与える直接的な影響は乏しいだろう」と述べた。

*英文の訂正により、3日配信の以下の記事で、本文第4段落目の北海ブレントの下げ幅を「2.7%」から「2.5%」に、WTI先物の下げ幅を「1.2%」から「1%」に訂正します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below