May 30, 2018 / 6:57 PM / 5 months ago

原油先物2%超える上昇、供給不足や米在庫減少見通しで

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米国時間中盤の取引で原油先物価格は上昇している。供給不足や米原油在庫減少の見通し、ドル安などが背景。

1552GMT(日本時間31日午前0時52分)現在、北海ブレント先物は1.98ドル(2.6%)高の1バレル=77.37ドル。

米WTI原油先物は1.62ドル(2.4%)高の1バレル=68.35ドルだった。

北海ブレントは5月17日に80.50ドルと3年半ぶり高値を付けたが、それ以来4ドル以上下げていた。

ロシア中央銀行は30日、原油価格の下落が国内金融セクターのリスク要因になると指摘。プライス・フューチャー・グループのアナリストは、中銀に原油価格の大幅下落に注目する人物がおり、下げ過ぎを望んでいないとシグナルを送っているようだとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below