March 24, 2020 / 2:28 AM / 3 months ago

米、サウジとの原油巡る連携は数多い検討項目の1つ=エネ長官

3月23日、ブルイエット米エネルギー長官(写真)は、ブルームバーグTVに対し、石油輸出国機構(OPEC)最大の産油国、サウジアラビアと原油を巡り連携する可能性は、米政府による「数多くの」検討項目の1つだが、正式な提案になるかどうかは不明だと述べた。ポルトガルのシネシュで2月撮影(2020年 ロイター/Rafael Marchante)

[ワシントン 23日 ロイター] - ブルイエット米エネルギー長官は23日、ブルームバーグTVに対し、石油輸出国機構(OPEC)最大の産油国、サウジアラビアと原油を巡り連携する可能性は、米政府による「数多くの」検討項目の1つだが、正式な提案になるかどうかは不明だと述べた。

長官は「公的政策プロセスの一環として正式に提案されるかどうかは分からない」と述べ、この問題に関しては何も決定されていないとした。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は20日、米エネルギー省の当局者らが、サウジにOPEC離脱と価格安定に向けた米国との協力を働きかけるようトランプ政権を説得する構えだと報じていた。

新型コロナ感染拡大の影響で原油需要が減退し、サウジとOPEC非加盟産油国ロシアの相場を巡る対立が表面化したことから、原油価格は過去2週間で2分の1以下の水準に下落。米国原油の指標であるWTI原油先物CLc1は前週に29%急落し、湾岸戦争が勃発した1991年以来の大幅な下げを記録した。

トランプ政権は近く、サウジとの対話改善を目指し、エネルギー省高官を数カ月にわたり同国に派遣する見通し。サウジは長年にわたりOPECの価格安定に向けた取り組みを主導してきた。

ブルイエット長官はブルームバーグTVに対し、トランプ政権はどこかの時点で、原油市場を巡る外交的取り組みに着手すると説明。その際は、自身はポンペオ国務長官などと協力することになると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below