April 30, 2020 / 7:10 AM / a month ago

石油各社、米政府の戦略備蓄施設を間借りへ

米石油大手のシェブロンやエクソン・モービル、アロンUSAを含む9社は、国家石油備蓄の貯蔵施設のうち2300万バレル分を借りることで合意した。写真はテキサス州のフリーポートの戦略備蓄施設。2016年6月撮影(2020年 ロイター/Richard Carson)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米石油大手のシェブロン(CVX.N)やエクソン・モービル(XOM.N)、アロンUSAALJON.ULを含む9社は、国家石油備蓄の貯蔵施設のうち2300万バレル分を借りることで合意した。米政府関係者が29日、明らかにした。

トランプ米政権は原油価格の暴落を受け、国内の石油業界を支援する意向を示している。

エネルギー省は今月2日に、戦略石油備蓄(SPR)貯蔵施設の余力分のうち3000万バレル相当を石油会社に提供する計画を公表。その後、実際に交渉の対象となっているのは2300万バレル分と明らかにしていた。

トランプ大統領は3月にブルイエット・エネルギー長官に対し、約7700万バレルの余力があるSPR貯蔵施設を「最大限まで」満たすよう指示していた。当初は約3000万バレルを追加購入する計画だったが、米議会が予算を承認したかったため、頓挫していた。

貯蔵施設のリース契約の詳細についてエネルギー省に説明を求めたが、これまでのところ回答はない。

前出の3社以外にリース契約を結んだのはアトランティック・トレーディング、エナジー・トランスファー、エクイノール・マーケティング&トレーディング、マーキュリア・エナジー・アメリカ、MVPホールディングス、ビトル。政府関係者が匿名を条件に明らかにした。

エネルギー省のこれまでの説明によると、貯蔵施設を間借りする企業は2021年3月まで利用を認められており、見返りとして少量の石油を政府側に引き渡す。貯蔵施設への搬入は概ね、5─6月に行われる予定。

SPRのウェブサイトによると、現在の備蓄量は6億3610万バレル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below