April 12, 2019 / 8:52 PM / 9 days ago

原油先物1%高、需給引き締まり観測や良好な中国経済指標で

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国時間の取引で原油先物は1%高。ベネズエラやイランに対する米国の制裁やリビアでの紛争により需給が引き締まるとの見方が広がった。また中国の上向きな経済指標も原油需要に対する懸念の後退につながった。

世界的な株高やドル安も支援材料。RJAフューチャーズのシニア商品ストラテジスト、フィル・ストレイブル氏は「決算期を迎え株式市場が好スタートを切り、ドル指数が下落したことが原油市場への信頼の再確認につながった」と述べた。

北海ブレント先物LCOc1の清算値は0.72ドル(1.02%)高の1バレル=71.55ドル。米WTI原油先物CLc1は0.31ドル(0.5%)高の63.89ドル。

両指数とも週間では約1%高。北海ブレントは3週連続、WTIは6週連続で上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below