January 1, 2018 / 11:56 PM / 16 days ago

写真が語る2017年:炎と煙に包まれる英高層マンション

[11日 ロイター] - 英ロンドン中心部にある27階建ての高層マンションが炎に包まれ、71人が命を落とした。2017年を象徴する写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Toby Melville

6月14日午前3時半ごろ、電話が鳴った。深い眠りから起こされた私は、寝ぼけた頭で「何事だ」と答えた。

電話の主は、写真担当エディターのディランだった。こんな時間に電話してくるのは、決まって大きな事件や事故が発生したときだ。「テロではない」と彼は言った。私は安堵(あんど)した。ディランは、ロンドン西部の公営高層住宅「グレンフェルタワー」で火事が起きたと話した。

私は着替え、カメラとノートパソコンと電話を持って車に乗り込んだ。午前4時に現場に到着したが、辺りはまだ暗かった。タワーが炎上しているのが見えた。

私は衝撃を受けた。なかに閉じ込められている人が大勢いるに違いない。火災が発生した午前1時は多くの住民が寝ている最悪のタイミングだった。

現場に近い駐車場を探す時間が惜しかった。ディランは、私が最初に撮影した写真を自宅で編集した。写真はカメラから直接電送された。

それらはベストショットではなかったが、ロイタ―で現場にいち早く到着したカメラマンとして、まず写真を撮って配信することが重要だった。

タワーに近づくにつれ、まだ封鎖されていない近隣の高層住宅に行けないかと考えていた。タワーが3時間も燃え続けたら、崩壊してがれきと化し、辺りは煙に包まれるだろう、と考えずにはいられなかった。近づきすぎるのは賢明ではないと思われた。

そこで私はタワーから数百メートル先にある高架高速道路「ウエストウェイ」に歩いていった。道路は閉鎖されており、タワーから聞こえてくるパチパチと燃える音やサイレンの音を除いては、不気味なほど静かだった。灰が道路にいる私のところにまで飛んできていた。

この写真の背景には教会が写っている。タワーと周辺一帯が写るよう撮影したが、火災がなければ、美しい夏の夜明けの1枚となったことだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below