December 26, 2018 / 9:08 PM / a year ago

金相場が一時の上昇消す展開、米株反発受けリスク地合い改善

[26日 ロイター] - 26日の取引で金相場が一時の上昇分をすべて消す展開となった。米株市場の反発やドルの上昇を受けてリスク地合いが改善した。

1959GMT(日本時間27日午前4時59分)時点で、金現物は0.2%安の1オンス=1266.32ドル。一時は6月19日以来の高値となる1279.06ドルまで値上がりしていた。

金先物は0.1%高の1オンス=1273ドル。

RJOフューチャーズのシニア商品ストラテジスト、ジョッシュ・グレーブス氏は「米株市場がクリスマスイブの急落から反発したことを受けて、投資家は様子見に動いている。安全資産からやや資金を引き揚げ始めており、株式にさらにシフトする可能性がある」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below