June 24, 2019 / 1:59 PM / a month ago

金、6年ぶり高値に接近 各中銀のハト派姿勢や米イラン緊張で

[24日 ロイター] - 24日の取引で、金価格が前営業日に付けた6年ぶり高値に接近した。各国中銀のハト派姿勢や、米国とイランの緊張激化などを追い風にしている。

1240GMT(日本時間午後9時40分)の時点で、金の現物価格は0.5%高の1オンス=1405ドル。5営業日続伸の勢い。前週末には1410.78ドルと、2013年9月4日以来の高値を記録していた。

米国の金先物価格は0.7%高の同1410ドル。

来月以降の米利下げ観測を受け、ドル指数が3カ月ぶりの安値を付けたことも、金の投資妙味につながった。

市場の関心は、今週日本で開催される「20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)」で米中が通商問題を解決できるのかに移っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below