for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EXCLUSIVE-ゴールドマン、投資先企業に多様性強化を要請へ

 米金融大手ゴールドマン・サックス・グループの資産運用部門は、投資先の米国企業に対し、取締役会のダイバーシティー(多様性)強化を求める方針を示した。2016年5月シドニーで撮影(2020年 ロイター/David Gray)

[ボストン/ロンドン 10日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックス・グループの資産運用部門は、投資先の米国企業に対し、取締役会のダイバーシティー(多様性)強化を求める方針を示した。女性やマイノリティーの起用拡大を求める。

スチュワードシップ・コード(機関投資家の行動指針)を担当する責任者、キャサリン・ウィナー氏がロイターとのインタビューで明らかにした。

ゴールドマンは2019年以降、投資先の企業に対し、少なくとも女性1人を取締役に起用するよう求めてきたが、来年はさらに1人の取締役を女性やマイノリティーとするよう求める方針。

ゴールドマンは、性自認、性的指向、人種、民族などの点で多様性を強化するよう求めている。

一部のアクティビスト投資家は、人種・民族の多様性で具体的な数値目標を設定するよう求めているが、ゴールドマンはそうした目標の設定は見送り、取締役会に白人女性2人がいる場合でも、同社の基準を満たしたことになる。

調査会社エクイラーによると、ラッセル3000指数採用企業では、女性取締役の比率が23%と、2016年の15%から上昇している。

一方、米大手企業の取締役のうち、黒人の比率は8%、ヒスパニック系の比率は5%と、国内人口比率の13%、19%を大幅に下回っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up