July 10, 2020 / 5:56 AM / a month ago

トランプタワー前に人種差別抗議のスローガン、NY市長も参加

 7月9日、高級ブランド店が並ぶニューヨーク5番街のトランプタワー前で9日、人種差別に抗議する人達が集まり、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」の巨大文字を路上に描いた。写真はニューヨークで撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 高級ブランド店が並ぶニューヨーク5番街のトランプタワー前で9日、人種差別に抗議する人達が集まり、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切だ)」の巨大文字を路上に描いた。

このスローガンは1ブロックにわたり黄色で書かれ、ニューヨーク市のデブラシオ市長も参加して作業を手伝った。

5月にミネソタ州で黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行で死亡する事件が起きて以降、首都ワシントンのホワイトハウス近くの道路に同じスローガンが書かれるなど、同様の抗議活動が全米で広がっている。ニューヨーク市内の他の4地区でもこのスローガンが公道に書かれる計画。

デブラシオ市長のオフィスはツイッターに「#BlackLivesMatter」のハッシュタグを付け、路上に描かれたスローガンの写真と共に「ニューヨーク市は世界へのメッセージがある」と投稿した。

トランプ大統領は9日夜にフォックス・ニュースとのインタビューで、5番街沿いの店舗は路上のスローガンに「激怒」していると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below