July 20, 2020 / 1:01 AM / a month ago

南軍旗の使用、米国防長官が実質禁止に トランプ氏と隔たり

 7月17日、エスパー米国防長官(写真)は南北戦争で奴隷制維持を目指して戦った南部諸州が掲げた南軍旗を米軍関連の施設で使用することを実質禁止した。7月9日、ワシントンの連邦議会で撮影(2020年 ロイター/Michael Reynolds)

[ワシントン 17日 ロイター] - エスパー米国防長官は17日、南北戦争で奴隷制維持を目指して戦った南部諸州が掲げた南軍旗を米軍関連の施設で使用することを実質禁止した。

トランプ氏は南軍旗について、言論の自由を理由に使用禁止に否定的な考えを示しており、エスパー氏とトランプ氏の隔たりが浮き彫りになった。

エスパー氏は、内部文書で「旗は軍に必須となる善良な秩序や規律と調和し、全ての人に威厳と敬意を示し、分断を招く象徴であってはならない」と指摘した。

南軍旗は、1861─65年の南北戦争で奴隷制維持を目指す南軍が掲げた旗で、奴隷制を想起させるとして使用を反対する声が広がっている。

エスパー氏は、内部文書に軍が掲示できる旗として国旗を含めて数種類を提示したが、南軍旗は含まれていない。

ある高官は、省の決定を非政治的なものにし、言論の自由という観点で問題が起きることを避けるため、エスパー氏は「南軍旗の禁止」と明示することを避け、使用を認める旗を列挙するにとどめたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below