for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

法人税最低税率、最終合意まで「あと1ミリ」=仏財務相

 フランスのルメール財務相(写真)は6日、国際的な法人課税の新たなルールづくりについて、最終合意まであと「1ミリ」との見方を示した。パリで9月撮影(2021年 ロイター/GONZALO FUENTES)

[ロンドン 6日 ロイター] - フランスのルメール財務相は6日、国際的な法人課税の新たなルールづくりについて、最終合意まであと「1ミリ」との見方を示した。

関係筋がロイターに明らかにしたところによると、法人税の国際的な最低税率について、これまで「少なくとも15%」とされていた水準が、最新の草案文書で「少なくとも」の文言が削除された。交渉が最終段階に入る中、警戒感を示していたアイルランドの支持獲得に向けたハードルが下がった可能性がある。

ルメール氏はCNBCに対して「21世紀の新しい国際課税制度に関する世界的な合意まであと1ミリのところまで来ており、コンセンサスへの道を開くことを完全に決意している。この新しい課税制度を構築する機会を失ってはならない」と述べた。

来週の米ワシントンでの会合、もしくは、10月末のにローマで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)までに最終合意できるとの見方を示した。

一部の国が10年間の導入期間求めていることについては、反対する理由はないと述べ、妥協が必要だと指摘。「重要なのは、今月末までに新たな国際課税制度で合意することだ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up