for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アイルランド、国際的な最低法人税率を支持 導入に向け前進

[ダブリン 7日 ロイター] - アイルランドは7日、世界約140カ国・地域が協議している法人税の国際的な最低税率について支持すると発表した。これにより、最低税率導入向けた取り組みが大きく前進する。

140カ国・地域は最低税率について8日の会合で合意し、20カ国・地域(G20)による来月の承認に道を開きたい考え。これまでのところ134カ国・地域が「少なくとも15%」に設定する案に支持を表明しているが、アイルランドは最終的に15%以上に設定されるとの懸念から、支持を表明していなかった。ただ、最新の草案文書で「少なくとも」の文言が削除されたことで、アイルランドの参道が得られる可能性が高まっていた。

アイルランドのドナフー財務相は記者会見で、最低税率への支持は「アイルランドの産業政策の次の段階に向けた重要な決定だ」とし、「困難かつ複雑な判断だったが、正しい判断だと信じている」と述べた。

また、欧州委員会から年間売上高が7億5000万ユーロ(8億6700万ドル)未満の企業に対する法人税率を12.5%で維持し、研究開発に対する税制優遇も継続できるという確証を得たと指摘。さらに、欧州委は法人税の最低税率を巡る経済協力開発機構(OECD)の合意を忠実に順守し、加盟国に税率引き上げを求めないことを確約したと語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up