for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=大幅続落、米FRBや英中銀の弱い景気判断が圧迫

                     (カッコ内は前営業日比)

FT100種総合株価指数(ロンドン).FTSE

 終値      5245.21(‐131.20)

前営業日終値   5376.41(‐ 34.11)

------------------------------------------------------------------------------

 [ロンドン 11日 ロイター] 11日のロンドン株式市場は大幅続落し、主要株価

指数は終値としては3週間ぶり安値をつけた。米連邦準備理事会(FRB)や英中銀が弱

い景気判断を示したことで、銀行・商品株を中心に幅広く売りが出た。

 FT100種総合株価指数.FTSEは131.20ポイント(2.44%)安の

5245.21。1日の下落率としては、6月29日以来の大幅な下げとなった。

 FRBは10日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、失速しつつある景気回復のてこ

入れに向け、満期を迎えるモーゲージ担保証券(MBS)の元本を長期国債に再投資する

方針を示した。

 また、イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は11日発表したインフレ報告の中で、

経済見通しは「かなり不透明」とし、一段の金融緩和が必要となる可能性があるとの見方

を示した。

 この日発表された一連の中国指標も弱い内容となった。

 銀行株.FTNMX8350が3.8%安と下げが目立った。ロイズ・バンキング・グループ

LLOY.Lは6.8%安、配当落ち銘柄のバークレイズBARC.Lは6%安。

 世界の原材料需要をめぐる懸念から、鉱山株.FTNMX1770は3.8%安。リオ・ティン

RIO.Lは3.9%安、ベダンタ・リソーシズVED.Lは5%安、エクストラータ

XTA.Lは4.7%安。

 ハイテク会社のスミス・グループSMIN.Lは逆行高となり3.9%上昇した。トレーダ

ーによると、業務再編のための同社の分割をめぐる期待が高まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up