for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GMクルーズ、ビジョン・ファンドなどから11.5億ドルの出資

 5月7日、米GMの自動運転車部門GMクルーズは、ソフトバンクグループの投資ファンド「ビジョン・ファンド」を含む資本連合から11億5000万ドル相当の出資を獲得した。写真はGMが開発中の自動運転車。サンフランシスコで2017年11月撮影(2019年 ロイター/ELIJAH NOUVELAGE)

[7日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nの自動運転車部門GMクルーズは、ソフトバンクグループ9984.Tの投資ファンド「ビジョン・ファンド」を含む資本連合から11億5000万ドル相当の出資を獲得した。GMクルーズが7日明らかにした。これによりGMクルーズの企業価値は190億ドルとなる。

資本連合にはビジョン・ファンドの他、Tロウ・プライス・アソシエーツ、GM、ホンダ7267.Tが参加。GMクルーズは年末までの市場投入に向け必要な資金を獲得した。

GMクルーズは過去1年間に72億5000万ドルの投資コミットメントを獲得。ホンダが昨年10月に投資を行った時点の企業価値は146億ドルだった。ホンダはGMクルーズに27億5000万ドルの投資を行っている。

GMクルーズは市場に投入できる車両がまだ準備できておらず、売上高もほとんどない状態だが、現在の企業価値はGMの時価総額の約35%に相当する。

発表を受け、GM株は午前の取引で一時2.1%上昇。GM株は年初から前日までに約14%上昇している。

自動運転車を巡っては、米フォード・モーターF.Nと独フォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DEが提携の可能性について協議している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up