for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GM、年内にEV生産6倍超拡大を計画か SUVなど=関係筋

FILE PHOTO: The new GM logo is seen on the facade of the General Motors headquarters in Detroit, Michigan, U.S., March 16, 2021. REUTERS/Rebecca Cook/File Photo

[デトロイト 8日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が年内にピックアップトラックやスポーツ多目的車(SUV)の電気自動車(EV)版の生産を従来計画から6倍以上拡大させることを計画している。GMがサプライヤーと共有した情報から明らかになった。

メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は先週、EV生産を加速させる意気込みを示し、2022─23年に北米でEV40万台の納入を目指すと語っていた。

情報によると、GMはピックトラックのEV版とキャデラックSUVのEVの生産を今年は計4万6000台とすることを目指し、従来計画の7000台から拡大する計画。

シボレー・ボルトEVの生産も再開する見通し。バッテリーの発火問題でリコール(無償の回収・修理)を実施しているため、現在ボルトの生産は停止されている。

GMは8日発表した声明で「25年末までに北米のEV生産能力を100万台超とすることを目的にバッテリーセルや組み立て能力拡充への投資を発表している」とし、北米で22─23年にEV40万台を納入する目標を確認した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up