for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米GM、35年までにガソリン車ゼロへ 脱炭素へ本腰

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、多目的スポーツ車(SUV)や小型ピックアップトラックを含む全ての新型車について、2035年までに電気自動車(EV)など二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロ・エミッション車に切り替えると発表した。ミシガン州オリオンタウンシップで2017年6月撮影(2021年 ロイター/REBECCA COOK)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、多目的スポーツ車(SUV)や小型ピックアップトラックを含む全ての新型車について、2035年までに電気自動車(EV)など二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車に切り替えると発表した。

バイデン大統領は前日、気候変動対策を国内の外交・国家安全保障政策の柱とする大統領令に署名したばかり。GMも政府と歩調を合わせる形で脱炭素へ本腰を入れる。製品が製造されてから廃却されるまでのCO2排出量と吸収量をプラスマイナスゼロにする「カーボンニュートラル」も40年までの実現を目指す。

株価は一時7.4%値上がりした。終値は約3.5%高。

ガソリン車からEVへのシフトを積極的に推進するバーラ最高経営責任者(CEO)は声明で「排出量ゼロへの野望と全面電動化の未来に向けた共有ビジョン」を策定するに当たり、非政府組織(NGO)の環境防衛基金(EDF)と協力してきたと明らかにした。

GMの昨年の米自動車販売台数は255万台だが、そのうちEV(シボレー・ボルト・ハッチバック)は約2万台にとどまった。昨年11月には今後5年間でEVと自動運転車(AV)分野に270億ドルを投資すると表明した。

米カリフォルニア州のニューサム知事は昨年9月、2035年以降州内でガソリン車の販売を禁止する方針を発表。マサチューセッツ州なども同様の措置を打ち出す計画だとしている。

ニューサム氏は、GMの発表は「ゲームチェンジャー(状況を一変させるものだ」と評価した。

一方、米カリフォルニア州大気資源局(CARB)は、GMが大気汚染対策に真剣であるならば、トランプ前政権の排ガス基準緩和への支持を撤回すべきだと指摘した。

*情報を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up