for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米GM、電池開発センター新設へ EVのコスト削減視野

米ゼネラル・モーターズ(GM)は5日、数億ドルを投じて2022年半ばにミシガン州に電池開発センターを開設し、同年第4・四半期に試作品の製造を開始すると発表した。3月撮影(2021年 ロイター/Rebecca Cook)

[デトロイト 5日 ロイター] - 米ゼネラル・モーターズ(GM)は5日、数億ドルを投じて2022年半ばにミシガン州に電池開発センターを開設し、同年第4・四半期に試作品の製造を開始すると発表した。リチウムイオン電池や固体電池を搭載した電気自動車(EV)のコスト削減と航続距離の延長を目指すという。

GMは2025年までにEVと自動運転車に350億ドルを投資する計画を既に公表している。6日の投資家向けイベントでは、その後の目標についても説明される見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up