January 31, 2019 / 4:46 AM / 16 days ago

米GM、ミシガン州の11工場を操業停止 寒波でガス会社から要請

 1月30日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は遅く、ミシガン州の11カ所の工場と同州ウォーレンにある技術センターの操業を停止すると発表した。写真はGMの工場の看板。22日にサンパウロで撮影(2019年 ロイター/Roosevelt Cassio)

[ワシントン 30日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は30日遅く、ミシガン州の11カ所の工場と同州ウォーレンにある技術センターの操業を停止すると発表した。記録的寒波を受けてガス会社が利用者に対して天然ガス節約を要請したことを受けた。

GMによると、米エネルギー大手CMSエナジー(CMS.N)傘下で電気とガスを供給するコンシューマーズ・エナジーから、供給問題を解消するために操業を停止するよう要請を受けた。

11工場とウォーレン・テック・センターの従業員は自宅待機を指示された。

CMSエナジーのパトリシア・ポッペ最高経営責任者(CEO)はフェイスブックに投稿したビデオメッセージで、ミシガンの施設での火災や記録的寒波に起因する問題に対処するため、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)やフォード・モーター(F.N)、GMを含む大企業が2月1日まで生産スケジュールを「中断」することに同意したと明らかにした。

フォードとFCAはこれまでのところコメントしていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below