December 5, 2019 / 8:40 PM / 3 months ago

GMとLG化学、米でEV向け電池工場建設へ 世界最大級

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は5日、韓国のLG化学と合弁で米オハイオ州に電気自動車(EV)向けの電池を製造する工場を建設すると発表した。オハイオ州ウォーレンの同社工場で昨年11月撮影(2019年 ロイター/Alan Freed)

[ウォーレン(米ミシガン州) 5日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は5日、韓国のLG化学(051910.KS)と合弁で米オハイオ州に電気自動車(EV)向けの電池を製造する工場を建設すると発表した。投資額は23億ドル。年間生産能力は30ギガワット時を超え、世界最大級の電池工場となる。

電池工場はオハイオ州北東部のローズタウンでGMが閉鎖した組み立て工場の近くに建設。2020年半ばに着工し、1100人を超える従業員を雇用する。

GMのバーラ最高経営責任者(CEO)は、電気自動車の価格低下と利益率向上を目指すと表明。同工場は23年までに20種の新たな電気自動車を投入する目標の実現に貢献するとし、「GMは地球温暖化には科学的な根拠があると信じており、オール電化の将来性も信じている」と述べた。

同工場にはGMとLG化学が対等比率で出資。GMの広報担当者によると、GMとLG化学はそれぞれ約9億1600万ドルを出資し、残りは両社の合弁会社が調達する。

バーラCEOはオハイオ州から金融補助を受けていると述べたが、詳細については明らかにしなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below