May 22, 2020 / 12:28 AM / 13 days ago

米GM、メキシコで段階的に操業再開

5月21日、米ゼネラル・モーターズ(GM)は、新型コロナウイルスの影響で操業を休止していたメキシコ国内の工場を段階的に再開したと発表した。メキシコ・ラモスアリスぺのGM工場で2019年10月撮影(2020年 ロイター/Daniel Becerril)

[メキシコ市 21日 ロイター] - 米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は21日、新型コロナウイルスの影響で操業を休止していたメキシコ国内の工場を段階的に再開していると発表した。

中部グアナフアト州シラオと北部コアウイラ州ラモス・アリスペにある変速機とエンジンの生産ラインを徐々に再開。ラモス・アリスペとシラオにある組み立て工場についても、サプライヤーの状況をみながら22日に再開する予定。トルーカとサン・ルイス・ポトシ州の工場については、再開時期をまだ検討中という。

新型コロナを巡っては、メキシコではこれまで5万9567人が感染し、6510人が死亡した。

GMが労働者に宛てたメッセージによると、メキシコで職場復帰するスタッフは常に防護器具を利用し、互いに1.5メートルの「安全距離」を保つほか、工場に入る際には体温を測ることが義務付けられる。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below