December 20, 2019 / 1:11 AM / a month ago

米GM、新車90万台超をリコール ブレーキシステムなどで

 12月19日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、新車90万台以上を全世界でリコールすると発表した。写真は米ミシガン州ランシングで2015年10月撮影(2019年 ロイター/Rebecca Cook)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は19日、新車90万台以上を全世界でリコールすると発表した。ブレーキソフトウエアの問題で55万台超、バッテリープラス配線リングの問題に伴う出火リスクで40万台超となる。 

ブレーキソフトウエア問題の対象車両は2019年式ピックアップトラック「シボレー・シルバラード1500」と「GMCシエラ1500」、セダン「キャデラックCT6」。ブレーキシステムと通知機能が作動しなくなる恐れがあるという。車両の横滑り防止装置(ESC)ないしアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)が作動しなくなることがあるが、可能性はまれだとしている。ディーラーによるソフト更新で対応する。

バッテリープラス配線リングの問題では2019─20年式シボレー・シルバラード1500とGMCシエラ1500を回収する。製造過程で接着剤が付き過ぎたことが原因で、出火ないし失速に至る恐れがあるという。ディーラーが検査し、必要に応じ部品を交換する。この問題で出火1件が報告されているが、負傷者の報告はない。

今回の回収対象車両のうち、81万4000台は米国で販売された車両。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below