for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ大統領、GMの北米再編策に不満表明

[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は26日、ゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nが発表した北米事業の再編策に不満を表明した。

GMはこの日、人員や生産削減のほか、販売が低迷している車両の生産を停止し、電気自動車や自動運転車の開発・生産に経営資源を投入する方針を明示した。さらに、シボレー・クルーズを生産する米オハイオ州ローズタウン工場のほか、カナダのオンタリオ州の組立工場などの操業を来年停止する。

トランプ大統領は記者団に対し、ローズタウン工場の操業休止は好ましくないとし、GMのバーラ最高経営責任者(CEO)に不満を伝えたことを明らかにした。

バーラCEOはこれに対し、シボレー・クルーズの販売を停止する決定は販売動向が思わしくないことが理由で、「関税とは無関係」と説明。トランプ大統領はこれを受け、「売れる車を考案し、生産を再開すべき」と述べた。

トランプ大統領は、「さほど遠くない将来にGMが別の生産に乗り出すことに疑問の余地はない」と語った。

また、これとは別に、トランプ大統領は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に対し、GMは中国で自動車の生産を止め、米国で生産すべきとの考えを示した。

ただ、GMが中国で生産しているのはビュイック・エンビジョンのみ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up