for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米GM、第3四半期は利益が予想上回る 景気減速懸念和らぐ

10月25日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が発表した第3・四半期決算は利益が予想を上回り、世界的なリセッション(景気後退)を巡る懸念が和らいだ。デトロイトのGM本社で2021年3月撮影(2022年 ロイター/Rebecca Cook)

[デトロイト 25日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が25日発表した第3・四半期決算は利益が予想を上回り、世界的なリセッション(景気後退)を巡る懸念が和らいだ。北米でのトラック販売と価格引き上げが寄与した。

株価はこの日の取引で3.6%上昇した。

投資家は米景気減速が新車需要に打撃を与える可能性を懸念してきたが、ポール・ジェイコブソン最高財務責任者(CFO)は「弊社の製品に直接的な影響は出ていない。価格設定も需要も引き続き堅調だ」と述べた。

ウェドブッシュのアナリスト、ダン・アイブス氏は同社の決算について、GMにとって「正しい方向への大きな一歩だ」とリサーチノートで指摘した。

メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会議で、より慎重な姿勢を示し、現在の経営環境を「厳しい」と表現。その上で、半導体チップを含むサプライチェーン(供給網)の「緩やかな改善」に言及した。

GMは通期業績について、純利益が96億─112億ドル、希薄化後1株利益が5.76─6.76ドルになるという見通しを確認した。

第3・四半期の希薄化後1株利益は2.25ドルで、予想の1.88ドルを上回った。

純利益は前年同期の24億ドルから33億ドルに、売上高は前年同期の268億ドルから419億ドルに、それぞれ増加した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up